Google HomeとChromecastを車載して、音声コントロール環境を作ってみた

  • Pocket
  • LINEで送る
IMG_3103

Chromecast車載のデメリット

先日、「GoogleのChromecastを車のモニターやカーナビで見る方法」という記事を書きましたが、Chromecastはスマートフォンから操作するのが前提となっているため、信号待ちの短い間に操作したりするのが少し手間です。

screenshot_2017-03-13_20.59.37

音声コントロールできないか

今回はその手間を解決するために、音声コントロールできる環境を車の中に作ってみました。そう、誰もが(?)憧れたマイノリティ・リポートっぽいあれです。

手段としてはGoogle Homeを利用します。
Google HomeにはGoogleアシスタントといういわゆる「AI(?)」が搭載されており、音声を介して色々なことができます。

IMG_3098

Google Homeでできることは多岐にわたり、「わからないことを質問する」とか「今日のスケジュールを聞く」などができます。
また、できることも今後どんどん増えていくと思われます。

そんなGoogle Home(Googleアシスタント)の機能の一つに「Chromecastのコントロール」というのがあります。

この機能を使えば車内に音声コントロールできる環境を作ることができるのではと思いました。

google-home-

 

やってみた

まずはChromecastを純正モニターで見れるようにします。(純正モニターでなくても市販ナビや市販モニターでも可能です)

これについては「GoogleのChromecastを車のモニターやカーナビで見る方法」の記事に詳しく書いてあるので参考にしてください。

そして、Google Homeを用意します。
ここでは小さいほうがいいと思いGoogle Home Miniを使いました。

そのGoogle HomeをChromecastがつながっている車内のWiFiにつなげてセットアップします。電源は車内にUSB電源を用意してください。

その際にGoogle Homeの名称を「クルマ」とか「クルマのモニター」としておくと未来感がアップしますw

 

IMG_3097

 

準備は以上で完了です。

さぁ、話しかけてみましょう。
試しに「OK Google、Chromecast で(好きなアーティスト)の動画を再生して」とでもしましょうか。
このようにYouTubeが立ち上がるはずです。
IMG_3103
Googleのサポートページを見てみると、
「OK Google、Chromecast で◯◯◯◯の動画を再生して」
というように「Chromecast 」と「動画」をいうワードを入れると制度が高いようです。
車の中と音声コントロールは相性が良いので、是非ともやってみてはいかがでしょうか?
ただし、運転中の画面注視は禁物ですよ。
今回準備したもの
・Chromecast
・Google Home Mini
映像入力ケーブル(テスト車はレクサスHSなのでAVC20(ビートソニック製))
・車内WiFi用のモバイルWiFiルーター
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。